侵入されても発症しないセキュリティ

AppGuardは、不審なプログラムに「入られても起動自体をさせません」

ランサムウェアや標的型攻撃の脅威からOSを守ります。

ABOUT

AppGuardとは?

マルウェアが侵入しても活動させません

これまでのセキュリティは「入られないように検知して駆除」することを前提として作られていましたが、 「ウィルスにたとえ入られても悪さをさせない」ように設計されているため、未知や新種の脅威に対しても被害を未然に防止することが可能です。

AppGuardが解決します!

  • 侵入されても活動させない「OSプロテクト型」セキュリティ

    OSプロテクト型のセキュリティでは、基本的にはOSが「信頼する」という設定したアプリ以外の起動はさせません。
    PC自体を防御することで、例え侵入されたとしてもPCの動作・機能を守ります。

  • 「検知・駆除」ではなく「無効化」

    AppGuardは、マルウェアの種別や既知/未知に関わらず、攻撃につながる動作を遮断します。
    近年より攻撃が活性化している「Emotet」、情報窃取型不正プログラム「Ursnif」、新種ランサムウェア「Locky」など猛威を奮ったマルウェアをはじめ、未知の脅威に対しても発症前に「無効化」することが可能です。

FEATURE

AppGuardの特徴

  • 怪しい広告をクリックしても

    不正アクセスは
    成立しません

  • 騙されて怪しいアプリを実行しても

    不正プログラムは
    実行できません

  • 怪しいURLをクリックしても

    不正アクセスは
    成立しません

  • 怪しい広告をクリックしても

    不正アクセスは
    成立しません

  • 騙されて怪しいアプリを実行しても

    不正プログラムは
    実行できません

  • 怪しいURLをクリックしても

    不正アクセスは
    成立しません

LINE UP

AppGuard製品ラインナップ

  • 管理コンソールを使用しエンドポイントの
    集中管理が行える製品です。

    管理コンソールにより、セキュリティルールにのっとったエンドポイントの集中管理が可能。
    情報システム部門での管理ポリシーを徹底し、サイバー攻撃を防御されたい企業様向けのラインナップ。

  • 「ひとり情シス」の中小企業様におすすめ

    AppGuardのコア技術はそのままに、1人情シスでセキュリティにリソースを割くことが難しい中小企業様専用ラインナップ。

  • 専任の情報システム管理者が不足する
    企業様におすすめ

    AppGuard Soloは、集中管理体制が必要ない企業様向けの製品です。
    PCへインストールするだけでマルウェアを封じ込め、システムの安全性を確保します。

FLOW

導入までの流れ