侵入されても発症しないセキュリティ

AppGuardは、不審なプログラムに「入られても起動自体をさせません」

ランサムウェアや標的型攻撃の脅威からOSを守ります。

御社に最適なプランをご提案いたします。

セキュリティ対策をご検討されていて、製品の詳細機能までは難しくてわからない。そんな方でもご安心ください。
シー・エルシー・シーのサイバーセキュリティに精通したスタッフが、御社に最適なプランをご提案いたします。

FUNCTION

AppGuard機能詳細

スペースルールと起動制御によるマルウェア起動阻止

AppGuardは、変更に管理者権限を要する領域を「システムスペース」。ユーザーが一般的に利用する領域を「ユーザースペース」と定義しています。
ユーザースペースでは、、自由にファイルを設置することはできますが、信頼された発行元のデジタル署名が付与されたアプリケーション以外は例外設定を除いて起動することできません。
いかなるマルウェアの起動もAppGuardが阻止します。

猛威を振るったマルウェアも発症前に起動制御で無効化

AppGuardは、「マルウェアに侵入されても発症させない」「不正なアクセスによって端末を乗っ取らせない」という従来とは異なるアプローチでエンドポイントを守ります。
近年より攻撃が活性化している「Emotet」、情報窃取型不正プログラム「Ursnif」、新種ランサムウェア「Locky」など猛威を奮ったマルウェアをはじめ、未知の脅威に対しても発症前に「無効化」することが可能です。

  • Emotet(エモテット)

  • Ursnif(アースニフ)

  • Locky(ロッキー)

改竄処理の防止(レジストリ/システム領域/他アプリのメモリ)

AppGuardは攻撃の起点や途中の踏み台として悪用されるアプリケーションを定義して、それらを通じた「レジストリファイルの改竄」「システムフォルダの改竄」「他アプリケーションのメモリ領域に対する読み書き」を制限します。
AppGuardによって攻撃者が最初に行う改竄行為を阻止されるため、攻撃を未然に防止することができます。

ハイリスクアプリケーションを通じたなりすまし/乗っ取りを成立させない

攻撃のふみ台にされやすいアプリをハイリスクと定義し、そのアプリからシステムを侵害するような動作を禁止します。