自己学習型のサイバーAIテクノロジー

他のツールが見逃してしまう極めて洗練された人目を
盗むようなサイバー脅威を検知します。

ABOUT

Darktraceとは?

リアルタイムに進行中の脅威のわずかな兆候もAIが自動検知します。

ブラックリスト、ルール、シグネチャに依存する従来のアプローチとは異なり、人間の免疫システムに着想を得て開発されたDarktrace Immune Systemは、ネットワーク内外に分散する従業員やデバイスの挙動や通信の定常状態を人間のセキュリティチームに代わり独自のAIが常時学習・監視・可視化し、脅威の予兆を自動的に検知・遮断します。

新種のランサムウェアであれ、進行中の内部攻撃であれ、Darktrace Immune Systemは脅威に限りなく早期に対処します。
Systemは脅威を限りなく早期に検知します。

DarktraceはAIを駆使するサイバー防御の
新たなフロンティアを先んじています。

  • 自己学習による検知

    「オンザジョブ」の学習と適応を継続

  • 自動分析

    Cyber AI Analyst が数秒間で
    脅威レポートを自動生成

  • 100%の可視性

    クラウド、SaaS、Eメール、
    OTおよびオンプレミスを保護

  • 迅速なインストール

    手動設定なし

PROVEN PROTECTION

実証済みの保護

  • クラウド内の悪質な内部脅威

    ある小売企業に勤務する不満を持ったITマネージャーが顧客データベースから連絡先の詳細とクレジットカード番号をダウンロードし、社内の通常のデータ転送サービスを使って自宅のサーバーに転送していました。このわかりにくい行動はクラウドプロバイダが提供するセキュリティコントロールをすり抜けましたが、DarktraceのAIはITマネージャーのデバイスからの高度に疑わしい接続とダウンロードを相関づけ、データが漏洩する前に即座にセキュリティチームに警告しました。

  • SaaSアカウントの総当たり攻撃

    あるMicrosoft 365アカウントが、通常の「生活パターン」とは離れた国から発生したログインでパナマの銀行に対するブルートフォース攻撃に使用されました。Darktraceはアカウント権限に対して行われた異常度の高い変更を検知し、セキュリティチームにSaaSアカウント乗っ取りのアラートを発しました。

  • 生体認証スキャナへの侵入

    ある攻撃者は多国籍製造企業の設備や生産プラントへのアクセス制限に使用される生誕認証スキャナに不正侵入するために、既知の脆弱性を利用しました。この攻撃者は生体認証データにわずかな変更を加え、厳重に保護された施設へのアクセスを試みました。この攻撃は通常のシグネチャベースのソリューションでは検知出来ませんでしたが、DarktraceのAIはこの異常な挙動を即座に検知しました。

  • スマート水槽からの侵入

    Darktraceは最近、あるエンターテイメント企業に設置されたハイテク水槽から未知の外部送信先に異常なデータ転送が行われていることを検知しました。この攻撃は最近ネットワークに導入された従来とは異なるタイプのデバイスを標的することで、カジノが従来持っていたセキュリティツールをすり抜けることに成功したのです。しかしDarktraceのAIはこの極めて異常なデータ転送を検知し、カジノが脆弱性の対策を行う助けとなりました。

APPROACH

機械学習のアプローチ

  • オンプレ、クラウド、仮想環境、産業用制御システムなど、あらゆるデジタルインフラに導入可能

  • お客様による事前設計やチューニングは不要

  • 1時間でインストール完了・動作開始、ベースラインを常にアップデート

  • トレーニング用のデータセットに依存しない

CASE STUDY

活用例

堅牢なセキュリティを実現するための活用例をご紹介。

「Darktrace Immune System」の導入で、人為的なミスや機密情報の持ち出しを防ぎます

Darktrace Immune Systemはクラウド/SaaS、Eメール、OT環境も含めてユーザーの挙動をどこにいようと同一UIで一元的かつリアルタイムに自動可視化することで、より強固なセキュリティ体制を構築できます。

詳細はこちら
全ての活用例

REASON

選ばれる理由

  • ハード・ソフトの両面から
    ITインフラをサポート

    システムの最適化をご提案するエキスパートとして、お客様から厚い信頼をいただいています。

  • セキュリティ対策製品の商社として製品に精通

    セキュリティ製品を扱う専門商社のため各社が取扱う製品の長所・短所に精通しております。

  • ゼロトラストの概念に
    基づく商品構成

    エンドポイントセキュリティならAppGuard、NDRならDarktrace、ホワイトハッカー監視サービスならZero Trustスターターパックとゼロトラストの概念に基づく商品をご提供しています。

選ばれる理由の詳細はこちら

FLOW

導入までの流れ

LINE UP

Darktraceに関するよくある質問

Darktraceはどういった製品ですか?

NDR(Network Detection and Response)製品です。
ネットワーク内外問わず、普段の通信状況をリアルタイムに機械学習・完全可視化し、脅威を自動検知・遮断、さらに脅威の調査分析・レポーティングまで高速自動化できる自己学習型AIソリューションです。

製品の特長やメリットはなんですか?

すべてのネットワーク通信状況が、可視化されます。
これにより外部内部問わず、通常起こりえない通信をインシデントもしくはインシデントの可能性があるものとして把握することが可能です。

導入は簡単ですか?

Darktraceは機器のコアスイッチのミラーポートに接続するだけです。
生パケットを受動収集し続けることでAIが自己学習を行いますので、設定などの手間は不要です。

全てのよくある質問

PRODUCT

製品紹介

ゼロトラストセキュリティを実現する製品をトータルで提供します。

  • まずは手軽に簡単に「ゼロトラスト環境に」
    エンドポイントセキュリティ

    「侵入されても発症しない新世代セキュリティ」

    製品を見る
  • PC上の様々なログを収集、脅威分析システムにかけ ホワイトハッカーにて分析・解析するなら

    ゼロトラストEPP+脅威解析システムによる解析+ホワイトハッカーによる分析

    製品を見る
  • AIを使ったNDR(監視/検知)で、
    あらゆるデジタル環境で脅威を
    リアルタイムに検知・可視化する

    「従来の手法で発見できなかったあらゆる脅威を検知」

    製品を見る

ABOUT CLC

シー・エル・シーとは

システムの最適化を提案するエキスパート

CLCはさまざまな業種のお客様からシステムについてのご相談をいただき、そのつど問題の的確な解決に努力してまいりました。
システムに関する豊富な経験とノウハウを活かした実績が評価され、システムの最適化をご提案するエキスパートとして、お客様から厚い信頼を頂いています。