IoT機器セキュリティ対策

IoTがカバーする領域は広く、形態、利用法、環境などは多岐にわたりますが、利便性だけでなくセキュリティの問題も顕在化してきています。

そのお悩みを解決

  • 1

    IoT製品や産業機器など常時ネットにつないでいない製品のセキュリティが不安

    常時ネットワークにつないでいなくても、セキュリティ対策は不可欠です。
    AppGuardなら、オフラインでも利用が可能です。
    さらに、定義ファイルのダウンロードが不要、そもそもAIとは無関係、通信状態が悪くても影響がないためIoT製品、産業機器の制御用PCのように常時ネットにつないでいない製品のセキュリティ対策にも有効です。
    オススメ製品
  • 2

    PCのセキュリティ対策はしてきたが、IoT製品から感染することは考えられる?

    IoT製品や産業機器を乗っ取り、大規模な攻撃を繰り返したり、監視カメラの脆弱性を利用し、制御システムに侵入し乗っ取り、パイプラインが爆発した例や、制御システムへの侵入により、工場自体の運営がストップしてしまった例など、脆弱性を利用して侵入する例が後を絶ちません。

    システム自体にセキュリティ対策を施す必要や、IoT機器などを導入する際にはセキュリティ対策も必要となります。
    工場や施設内のデバイスの可視化および監視対策も重要です。
    オススメ製品
  • 3

    工場の生産設備への攻撃も気になる

    工場への攻撃で多くみられるのが、制御システムに対する攻撃です。
    これまでの例としては、工場での生産がストップし、インフラ系のシステムでは停電や爆発まで引き起こした例があります。

    いずれも制御システムへの侵入で、近年多くネットワークで繋がり、汎用化した装置が増え たため、攻撃しやすくなってきたことが原因です。
    システム更新のライフサイクルは10~20年と長期で、システム自体も24時間365日の稼働が必要です。
    このためセキュリティパッチの適用もタイミングよく行えず脆弱性が残ったままの場合が多いのではないでしょうか。
    AppGuardなら制御システムのセキュリティ対策に最適です。
    オススメ製品

SUBJECT

関連する課題

ABOUT CLC

シー・エル・シーとは

システムの最適化を提案するエキスパート

CLCはさまざまな業種のお客様からシステムについてのご相談をいただき、そのつど問題の的確な解決に努力してまいりました。
システムに関する豊富な経験とノウハウを活かした実績が評価され、システムの最適化をご提案するエキスパートとして、お客様から厚い信頼を頂いています。