メール・WEBセキュリティ対策

ビジネスにおいて不可欠なコミュニケーションツールとなるメールは、近年、ランサムウェアなどにより被害が急増しています。

そのお悩みを解決

  • 1

    ランサムウェアの被害が拡大しているが大丈夫だろうか。

    セキュリティインシデントによる身代金支払いを除く、事業停止によって発生する損失や運用コストなどの損失額で、日本は約219万 4,600 米ドル(約2億2,800万)と、日本企業のランサムウェア被害額は世界 2 位となっています。(※1) これに加え、企業の信用問題にも発展する可能性が高いです。
    セキュリティは3年に一度見直すか専門家の話を聞くこともオススメです。
    Zero Trustスターターパックなら、マルウェアの発症防止、脅威解析システムでの分析・解析をします
    ※1 参照:経済産業省 商務情報政策局 サイバーセキュリティ課「最近のサイバー攻撃の状況を踏まえた経営者への注意喚起」より
    オススメ製品
  • 2

    添付ファイル付きのメールのセキュリティを高められないだろうか。

    被害が急増しているランサムウェアですが、「給与・賞与のお知らせ」や「有給消化について」など社員が思わず開けてしまいそうな添付ファイルが送られてくることも確認されており、「不審なメールは開かない」という社内教育だけでは防げません。
    そのため感染してもPC上で起動をさせないよう対策をする必要があります。
    オススメ製品
  • 3

    Webサイトで開いていいサイト、よくないサイトがわからない。開くとどうなるの?

    Webサイトも近年フィッシングなど、大手通販サイトや銀行、Fintechページからのお知らせなどを装う巧妙なケースが見受けられます。
    このようなページにアクセスすることによりサイバー攻撃に合うといったケースもみられます。

    エンドポイント製品を導入していれば防げた事例も多々あり、AppGuard、Zero Trustスターターパックなら簡単に導入が可能です。
    オススメ製品

SUBJECT

関連する課題

ABOUT CLC

シー・エル・シーとは

システムの最適化を提案するエキスパート

CLCはさまざまな業種のお客様からシステムについてのご相談をいただき、そのつど問題の的確な解決に努力してまいりました。
システムに関する豊富な経験とノウハウを活かした実績が評価され、システムの最適化をご提案するエキスパートとして、お客様から厚い信頼を頂いています。